お寿司を握って感じたコンテンツビジネスの本質。なぜタコパではなく寿司パーティーなのか?

 

こんにちは、ゆいです。

先日、知り合いが不定期で主催している
お寿司のイベントに行って来ました。

どんなイベントかというと、

市場で魚を買って、
 みんなで魚を捌いてお寿司を握ってみよう!
 で、みんなで作りながらワイワイ飲もう!

という10人ちょっとくらいのゆるい会なのですが。

自分で魚を捌いてお寿司を握るという人生初の体験。

予想以上に楽しかったことと、
ビジネスの視点からも勉強になったので、
備忘録的な感じで書いてみようと思います。

 

ビジネスの視点で勉強になったことは、

✔︎  やっぱり面白いコンテンツを作れる人は最強だ、ということと

✔︎  一つの商品やモノを通して、誰に何を提供できるかを考えていくとビジネスセンスが格段に上がるな、と思ったこと。

 

どうしてタコパではダメなのか?たこ焼きではなくお寿司である理由

 

主催者のご自宅で
不定期開催しているこのお寿司会。

まだ始めて数ヶ月とのことだったのだけど、
参加者希望者は会を重ねる毎に増え続け、
ついにはイベント出店まで依頼されるほど
反響は大きかったようです。

この日も男女合わせて十数名。

主催者に教えてもらいながら、
一から魚をさばき、
みんなで教え合いながら
ワイワイお寿司を握りました。

私自身も初めての体験で、
すっごく楽しかった。

お寿司ってこうやって握るんだな、とか、

職人みたいにはなれないけど
それなりに出来るじゃんとか、

寿司職人って奥深いんだな、
でも楽しそうだな、とか、

実際に体験してみることで
お寿司の面白さが実感できたからです。

集まったメンバーも好奇心旺盛な人が多くて、
教えあったり共同作業したりして、
作りながら、食べながら、
とても仲良くなれました。

素敵な非日常空間だった。

で、ふと思ったのが、
お寿司パーティーだからこそ、
みんなこんなに楽しめているのかな、と。

同じホームパーティーでも、
タコパだったら違うはず。

で、何が違うんだろうって考えてみたんです。

 

お寿司とタコパの違い

 

<お寿司にあって、たこ焼きにないもの>

✔︎ 一人ではできない(魚を仕入れることを考えると一人では大変)

✔︎ レア感。自分ではなかなか出来ない体験ができる(たこ焼きはハードル低い)

✔︎ 想像ができない。「どんな感じなんだろう?」

✔︎ 非日常感、贅沢感

✔︎ 魚を捌いてみたい、ネタになる

✔︎ お寿司握れる自分になれたら素敵(恋愛でモテそう)

✔︎ 面白い人が集まりそう(お寿司会にきてる人ってどんな人なんだろう)

 

色々あるけど、
自分ではなかなか出来ない非日常体験
が出来るっていうことは大きな特徴かも。

タコパや鍋パは、
やろうと思えばいつでも出来るけど、

一からお寿司を作るとなると、
魚を仕入れたり、
さばき方や握り方を勉強したり、
大量に出来すぎちゃって処分に困るとか、
結構ハードルが高い。

でも、こういう場でやり方まで教えてくれれば、
みんな気軽に新しい体験を楽しめる。

あと、タコパしても何のネタにもならないけど、

自分で魚捌いてお寿司握ったんだ」って言えば、
かなり面白いネタにもなるし、
異性との出会いの場でもインパクトある

 

参加者が集まった理由

 

他の参加者の人と話している時に、
参加しようと思った理由を聞いてみたのですが。

✔︎ お寿司を握る機会なんてないから、一度やってみたかった。

✔︎ 自分で魚を捌いてお寿司を握れるようになったらかっこいいから

✔︎ 面白い人に出会えそう。(主催者が面白い、ということも大いにある。)

✔︎ なんか楽しそう

このあたりが大きな理由で、
大方、自分が考えていた理由の通りでした。

みんな楽しそうなこととか、
面白い体験とか、求めてますからね

男女ともに、「お寿司握れたらモテそう」
という恋愛絡みの理由もありました

 

お寿司は手段。お寿司を通して主催者が提供している価値とは。

 

ここで思ったのは、
この会はお寿司会ではあるんだけど、
むしろお寿司を通して、
お寿司以外の価値を提供している
場なんですよね。

だって、
美味しいお寿司が食べたいだけだったら、
お寿司屋さんに行った方が早い。

素人が握ったお寿司より、
プロが握ったものの方が、
クオリティは高いはず。

お寿司の価値って、
美味しさだけじゃないんですよね。

私は、
このお寿司会が提供していると思った価値は、
例えばこんなものとか。

✔︎ 自分一人では出来ない、一からお寿司を握ってみるという非日常の体験

✔︎ 魚のさばき方、お寿司の握り方が学べる

✔︎「お寿司が握れる人になれる」という、自分の魅力アップや恋愛市場での価値アップ

✔︎「魚を捌いてお寿司を握った」というネタ

✔︎ 普段は出会えない世界の人とも出会える場所

✔︎ 一緒に共同作業をすることで、参加者同士が仲良くなれること

✔︎ 単純に楽しい、ワクワクする体験

 

お寿司を通して、
退屈な人に楽しい時間や新しい体験を提供したり

モテたい人や魅力アップしたい人に、
「魚を捌いてお寿司を握れるようになった」
という実績やネタを提供していたり

友達が欲しい人に、
「新しい仲間と仲良くなれる場所」
を提供していたり

 

ビジネスってそうなんですよね。

例えばスタバだって、
彼らが提供している価値は
コーヒーそのものというよりも、
なんとなくオシャレにしたい人に、
コーヒーを通して、
オシャレ空間を提供している(あとWiFi)

そんな感じ(笑)

 

だから、
目の前の商品やサービスの表面を見るのではなく、
その商品やサービスを通してどんな価値を提供しているのか

お客さんは、何を求めてそこに来ているのか?

この二つの視点を持っておくことが、
ビジネスではすごく大事だな〜
なんてことを考えながら、
帰路につきました。

楽しかったなあ。

 

人が行動する時には、その先に必ず目的がある。それを汲み取って組み合わせることで、面白いコンテンツは無限に作れる。

 

そう考えると、
ビジネスのチャンスって無限にあるんですよね。

お寿司一つを取っても、
これだけ色んな価値提供が出来るわけです。

今回は、
「お寿司をみんなで握って食べる」
という場においてのお寿司の価値だったけど、

例えば一人30,000円もするような
高級なお寿司屋さんだったら、

高級なお寿司と場所を通して、
接待だったら相手への敬意とか、
こういう接待が出来る人間なんだ、
ということをプレゼン出来るし、

そういう場だからこそ、
信頼されたり仲良くなったりできますよね。

デートだったら、
相手への本気度とか、
高級なお寿司屋さんに連れてきてあげられるだけの
経済力があることとか、
相手を楽しませられる人間であることを
伝えることの方が、

お寿司自体の美味しさよりも
重要度が高い場合も、少なからずある。

回転寿司だったら、
気軽にお寿司を楽しめるとか、
ファミリーでワイワイ出来て子供がすごく喜ぶとか、
それぞれ、お寿司を通して提供している価値は異なる。

 

人が行動するときって、
必ず何かしらも目的や理由がある
んですよね。

だから、例えば先ほどのお寿司にしても、

じゃあお寿司以外のものを使って、
相手が求めているものを満たしてあげるとしたら、
どんなイベントやサービスがあるかな?

って考えると、コンテンツって無限に作れるな、と。

同じお寿司にしても、
じゃあ、デートで来てくれる男性客の
 満足度を上げるためには、
 他にどんなことが出来るかな?

って考えてみるとか。

世の中の人や目の前の人が
何を求めているのかを察知して、
喜ばせてあげられる人は、
仕事でもプライベートでも成功するんだと思う。

相手を喜ばせることが、ビジネスの本質だから。

でも、これって特別な能力ではなくて。

ただ訓練とか、慣れの問題。
そういう視点で一つ一つのサービスを見ていくと、
すごく勉強になる。

 

自分が普段携わっているものと通して、誰に何を提供できるかって考えるとビジネスセンスが格段に上がる。

 

これが出来ることの最大の強みは、
新しい市場を作り出せること

例えば、先ほどのお寿司会だったら
(これはビジネスじゃないんだけど)、

新しいことをやってみたい
楽しいことをしたい
モテたい
魅力的になりたい
ネタが欲しい
友達が欲しい

という色んなニーズを、
「お寿司を握る」というコンテンツを通して集めてきたわけで

例えば、これを料理教室形式にして、
ビジネスとして運営しても、
成り立つと思うんですよね。

 

コンテンツビジネスは、
アイデアと視点さえあれば、
どんどん市場を生み出していくことが出来るし、

コストがかからないのに利益率は高いという、
チート的なビジネスです。

個人のブログも、コンテンツビジネスの一つ

ウェブ上に自分のメディアを作って
世界観を構築していき、

興味を持ってくれた人が集まってくれた結果、
収益が生まれる。

だから、コンテンツの魅力度が大事。

ブログ書いていると、
どんどんネタを探しながら生活するので、
視点が増えるし、アイデアを生み出せるようになる。

やってみると、ビジネスセンスも磨かれるし、
ネタが増えて毎日の生活が楽しくなると思う。

そんなことを思ったお寿司会でした。

 

ちなみにお寿司つながりで、ビジネスの視点についてこんな記事も書いてます。

東京で海釣りしてきた。釣り船のツアーが最高だったので海外向けのプランを考えてみた。

ビジネスは発想力だ。自分の脂肪を400万円に変えた主婦の話。

—————

私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です