Twitter広告のやり方|個人ブログを広告出稿するときの設定を初心者向けに解説してみた。

こんにちは、ゆいです。

今日は個人ブログにTwitter広告を出稿するときの、もっともシンプルな設定方法をご紹介します。

Twitterの広告キャンペーンの種類

Twitter広告の出稿方法には、通常の広告とオートプトモート広告の2種類があります。

通常の広告は、掲載する広告毎に自分で設定を行う必要があります。

オートプロモート広告は、定額制で毎月自動で広告掲載されるものです。

今回は、通常の広告掲載の場合の設定方法を解説していきます。

「Twitter広告キャンペーンキャンペーンを開始する」を選択します。

Twitter広告の出稿方法

まず広告キャンペーンを作成します。

キャンペーンの目的ごとに、7つの選択肢がありますが、私は毎回「ツイートのエンゲージメント」で広告作成しています。

広告出稿しているブログを閲覧してもらうことが目的ですが、「ツイートのエンゲージメント」がもっとも費用対効果が良かったです。

 

「ツイートのエンゲージメント」は、掲載した広告に対してエンゲージメント(いいねやリンククリック、プロフィールをクリックされた場合など)が発生したときに、広告費用が発生する設定です。

1. 目的を選択

まずは「キャンペーン作成」→「ツイートのエンゲージメント」を選択します。

 

予算金額と広告掲載期間を選択

次に予算金額と開始/終了時間を設定します。

1日あたりの広告予算を入力し、開始時間と終了時間を設定。「次に」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

ちなみに設定金額は、少額から徐々に反応を見ながら増やしていけばいいと思いますが、個人的には2000円〜3000円くらいはかけてみた方が良いと思います。

(500円とか、少なすぎると広告効果を判断できないので)

次の画面でも同様に、開始時間と予算金額を入力します(前の画面と同じ内容でOKです)

 

広告を表示するターゲットを選択

次に、広告を表示するターゲット設定を行います。

どんなTwitterのユーザーに対して広告を表示するのか指定することができます。

①ターゲットの性別や年齢を指定したい場合は入力します。

②次に、広告を表示する地域や言語を指定します。(私の場合は、毎回「日本」「日本語」にしています)

 

次の画面でも引き続きターゲットの設定を行います。

キーワードなどいろいろな指定がありますが、私の場合は「フォロワー指定」を使用しています。

「フォロワー」を選択肢、@以降で特定のユーザーのアカウントを指定します。

自分が出稿する広告に興味を持ちそうなユーザーがフォローしているツイッターユーザーを指定することで、広告の効果を最大化する意図です。

出稿する広告(ツイート)を選択

最後に出稿するツイートを選択します。

あらかじめツイートしておいたツイートを選択します。

最後に「キャンペーンを出稿する」ボタンを押すと、広告掲載が開始されます。

(支払い方法の設定が終わっていない場合や、設定内容に不備がある場合は掲載が開始されません。)

ということで、個人がツイッターで広告掲載をする場合の設定方法をご紹介しました。

私も最初はやり方がわからなくて苦戦しましたが、慣れてしまえば1分で簡単に広告出稿できるので、ぜひ試してみてください。

 

「仕組み化」の全体像が学べる電子書籍を無料で公開中

 
私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です