ブログ記事は「特定の1人」に向けて書くと上手くいく

こんにちは、ゆいです。

今日は、私がブログ記事を書くときに、役立ったアドバイスをご紹介します。

ブログを書いていると、

「これって誰に向けて何を書けばいいんだろう?」と

ふと分からなくなることがあります。


万人向けを意識し過ぎると、堅くて面白みのない記事になりがちだったり。

ついつい完璧主義に陥って、堂々巡りを始めたりします。笑


こんな時におすすめなのが、

自分の友人とか家族とか、その情報を伝えたいと思う、

誰か特定の相手に向けたつもりで書くことです。


「こんなこと書いて興味持つ人いるのかな?」とか

「こんなこと書いたら人にどう思われるかな?」とか。


大丈夫です。

ブログは、自分の記事を面白いと思った人が読んでくれるので、

最初は他人の反応を気にせず、まずはどんどん書いていきましょう。


書くことで上達するし、

逆に書かなければいつまで経ってもできるようにはなりません。

まずは雛形になるブログを作って、

客観的にそれを眺めたり、読者の反応を見たりして、

いくらでも改善していけばいいのです。


いつでも書きなおせるのがブログの良いところなので。

私は、

「誰か特定の1人に向けて書く」ことを意識するようになってから

今までよりもずっと気軽に書けるようになりました。

それに、「特定の誰か一人」に向けて書いた記事の方が、

万人向けに書くよりも、見てくれた人の心に届く気がします。


気楽にやればいいのです。


「完璧な記事書いても、どうせ全部なんて理解できないでしょ」

「1個だけでも何か持ち帰ってくれたらいいな」

くらいのマインドで実践していくことが、一番学びになります。

記事が進まなくて悩んだら、

誰か特定の1人に向けて書く」ことを思い出して実践してみてくださいね。


では、今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

—————

私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です