ネットビジネスを始めて7ヶ月|反省点や率直な感想を語ってみた。

こんにちは、ゆいです。

わたしは昨年、9年勤めた会社を退職し、
2019年からネットビジネスを始めました。

ネットビジネスを選んだ理由は色々ありますが

・会社中心の生活をしたくない
・興味のもてない仕事をやりたくない
・プライベートの時間も大事にしたい
・働かなくても稼げる仕組みを持ちたい
・好きなときに好きなだけ旅行に行きたい

ざっくり言うとこんな感じです。

 

そして、開始から7ヶ月経った今。

最近は好きな時間に起きて、お気に入りの
カフェに朝ごはんを食べに行ったり

友達と平日のスパでのんびり作業をしたり

思い立ってふらりと旅行に行ったり

慌ただしかった会社員時代には考えられなかった、自由な生活をしています。

 

でも、ビジネスを始めた7ヶ月前は、
正直不安しかありませんでした…。

ずっと会社員だったから、
自分でビジネスをして稼いだことは、
生まれてから一度もなかったし

ネットビジネスは95%が月五千円稼げない

なんてデータも見かけていたので

「本当に私なんかに出来るのかなあ…」と。

 

なので、こんなに生活が180度変わるなんて、自分でもちょっとびっくりしてます。笑

 

とはいえ、要領の悪かったわたしは、
失敗したことや反省点も山のようにあって。笑

今日は7ヶ月やってみた率直な感想をシェアしていこうと思います。

 

ビジネスを始めた当初はほんとにひどかった

 

ネットビジネスを始めた当初は、
私まじでネットビジネス向いてない…
と毎日のようにため息をついていました。

どんな状態だったかというと…

↓↓

ワードプレスの設定に丸3日かかり

Twitterは人との絡み方がわからず

ブログ1記事書くのに5〜6時間は当たり前。

設定をミスって自分のブログにアクセスできなくなったり。泣

Youtube動画の撮り方がわからず半日悩んだり(←結局アップルストアまで行った)

ライバルの発信を見て、
実績ゼロの自分に書けることまじで何もないわ」と途方に暮れたり。

15分のYoutube動画を撮るのに2時間かかったり

メール1通書くのに2時間悩んだり。
(しかも内容も面白くなくて泣けた…;;)

 

こんなひどい状態で、
月収100万超えの経営者の集まりにいって、

「ブログのタイトルは大事だよ」
というアドバイスに対して

「ブログのタイトルと記事の内容、どっちが大事なんですか?」

 という意味不明すぎる質問を大真面目にしてたり…(←両方大事に決まってるだろ。なんてアホな質問してるんだよ。泣)

 

これに賭けるって決めたから、やるしかなかった

 

こんなどうしようもない状態からのスタートでしたが、私としては必死でした。

友達からの誘いも全部断って、
1日15時間くらい作業したり

朝7時からスタバで12時間ぶっ通しで教材聴いたり

毎日ノルマを決めてビジネス仲間に宣言したり(←できなかったら罰金かけてた)

移動中は常に音声教材を聴いて勉強したり。

 

それでも昔からコツを掴むのも人一倍時間がかかるタイプだったので、亀のようなスピードでしか進まなくて。

何度も教材を聴いてるのにすぐ忘れて、「それこの前も言ったけど?」と指摘されたり。

一生懸命コンテンツを作ったけど、学んだ知識が反映できてないことに気づいて凹んだり。

こんなことで大丈夫かと毎日不安でした…。

 

でも、やる以外選択肢がなくて、
これでも必死だったんです。

「これで生きていく」って決めてたから。

生まれ育った環境に関係なく、誰にでも平等にチャンスがある、ネットビジネスの世界に賭けようと思ったから

 

私は、町内にコンビニもないような、
ガチの田舎から東京に出てきました。

私の母は、正直で優しい人だけど、
育った環境のせいか病的に自分に自信のない人で。

そんな母の影響もあってか、子どもの頃から自信がなくて、ずーっとコンプレックスの塊でした。

でも「努力すれば人生変えられるはず
って信じてずっと頑張ってきたんです。

部活も、大学受験も、就職活動も。

 

だけど、いざ憧れの会社に入ってみると、
そこはまさに「エリートの巣窟」笑。

一流企業で働く両親のもとで育ち、
子どもの頃から進学校に通ってたり、
海外在住経験があったり。

そんな優秀な同僚や先輩たちを見て、

私なんかとは、頭の良さも能力の高さも桁違いだ…

と、頑張れば頑張るほど、越えられない壁にぶつかって苦しくなるパラドックス。

 

前田裕二さんや、堀江貴文さんのように、育った環境に関係なく、自分自身の努力で道を切り拓いて成功できる人もいるけれど。

でも、私のような超凡人には、
それは正直キツかった。

自分なりに頑張ってきた結果が今なんだもん。

何をどう変えればいいのかもわからなかった。

 

自分に自信があって、
何事にも前向きで楽しそうで、

「他の人ができてることは、頑張れば自分にも当然できるよ」

と、屈託なく言える友人たちが、
心底うらやましかった。

 

そんなふうに思えるのは、努力が報われてきた一部のエリートだけでしょ

私もあんなふうに、『自分にはできる』って心から思いたかったな…

あーあ。恵まれた一部のエリートしか、人生謳歌するのは無理なのか。

 

って、内心そんなふうにずっと思ってた。
でも、ネットビジネスには可能性を感じられたんです。

勉強して一定期間努力すれば、少なくとも『お金と時間の自由』は誰でも得られる。

そうすれば、少なくとも今より自由にやりたいことができるし、自信もつくんじゃないか。

 

子どもの頃から幸せになるための方法を探し続けて、方向性がわからず迷走しまくって、やっとたどり着いた答えが、ネットビジネスでした。

だからもしここで諦めたら、
心の中で他人を羨みながら、

私なんてどうせこの程度」と
思いながら生きていく希望のない人生に、

あんな苦しい人生に、
また戻ってしまうんです。

そんなの絶対に嫌だった。

だから悔しくても、できなくて心が折れても、やるしかなかった。

 

やり続ければ、結果は出る。ただし「合理的な努力」が大事

 

実際やってみて思うのは、ネットビジネスは「やり続ければ結果は出る」ということ。

これは精神論や根性論ではまったくなくて

ちゃんと科学的に、「利益が出る仕組み」を作るところまで積み上げられるかどう

それだけなんです。

 

「利益が出る仕組み」ってつまり、この公式を満たす仕組みを作るってことなんですけど。

↓↓

売上を細分化すると、

「売上=リスト数 × 成約率 × 商品数・商品単価」

つまり、

①リスト数(メルマガ登録者数)

② 成約率(何%のお客さんが商品を買ってくれるか)

③ 商品単価と商品数

この3つの変数を組み合わせて、目標の売上を作れるところまで仕組みを作る。

 

たとえば、月50万円の売上を作りたいなら、

【パターン①】

月2万円の商品を紹介したとき、500名の読者さんのうち5%が買ってくれる仕組みをつくる

(500名 × 5% × 2万円=50万円)

【パターン②】

月5万円の商品を紹介したとき、200名の読者さんのうち5%が買ってくれる仕組みをつくる

(200名 × 5% × 5万円 = 50万円)

 

①リスト数を増やす、②成約率を上げる
というのは、そのための理論があるので、

そのやり方を学んで目標収益を生む仕組みが
できあがるまで、一定期間頑張る

この仕組みをつくることができれば、
当然結果は出る。

 

逆に、
どんなに努力をしても、記事を量産しても、

この3つの変数を強化することにつながらなければ、当然結果は出ないです。

ビジネスって科学だし、「知識ゲー」なんだと実感しました

 

知識を学んでいると楽なのは、
結果がでない理由が明確にわかること。

公式を満たすための作業をすればいいので、
やることは明確だし、

それぞれの変数を強化するための具体的な方法もわかるので、

なんで結果が出ないんだろう?
どうすれば良くなるんだろう?

こういう悩みがないのは正直かなり楽です。

 

私が

ネットビジネスは、知識を学んで一定期間努力ができれば結果が出る

と断言できる理由はここにあります。

知識がないから無駄な作業をして挫折したり、ゴールがわからないから途中で心が折れてやめちゃう人が多い。

でも、それって本当にもったいないです。

 

ネットビジネスでの反省点

 

わたしはビジネスの知識を勉強していたので、大きな失敗はしてないのですが、細かい反省点は山のようにあります。

逆に、一通り自分がつまずいたので、
他の人がつまずくポイントも大体わかる。笑

これは、自分で教材を開発したり、
人に教えるときには大いに役に立ちました。

ここでは、私も経験したよくある失敗パターンをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

失敗① 「お客さんありき」のビジネスができていない

 

大変恥ずかしながら、

私は、実際に商品を販売したり、メルマガでお客さんとやり取りするようになってようやく、「お客さんを深く知る」ことの重要性を実感しました。

ビジネスって人に価値を提供することで成り立つわけだから、当然といえば当然ですよね。

 

たとえば、さっきの公式に沿って行動計画を立てる場合でも、

「今週は集客用のブログを10記事書く」

「Youtube動画を5個撮ってみる」

みたいなふわっとした計画ではなく、ちゃんとお客さんを前提にやるべきことを考える。

 

「こういう見込み客のアクセスを集めるために、このキーワードでSEO記事を追加する」とか

(←リスト数増加)

「お客さんがこんなことで悩んでいるから、その悩みを解決するコンテンツやサービスを作る」

(←成約率&商品数増加)

こんなふうに、お客さんのことを大前提に、
作業計画を立てるべきでした。

 

最初は慣れることも大事なので、
「とりあえずやる」ことも必要です。

でも、結果が出てる人の共通点は、
ちゃんとお客さんのことを考えた上で、

ゴールから逆算してやるべきことを
考えてることなんですよね。

お客さんにも喜んでもらえれば、
結果的に利益もついてきます。

ビジネスの面白さややりがいもここにあって。

 

「お客さんのことを知るのは大事」
って知識としては学んでいたけれど、

実際にやってみるまで、本当の意味で理解できていなかったのは、まじで反省点でした。

 

失敗②  学んだ知識をコンテンツに反映できていなかった 

 

結果が出ないときのパターンって、
大体決まっているんですね。

① そもそも知識を覚えていない

② 学んだ知識をコンテンツに反映できていない(習った通りにできてない)

ほとんどこのどちらかなんですよね。

 

私の場合は、
インプットはたくさんしてたけれど、

「失敗したくない」「変なもの作りたくない」と完璧主義をこじらせて

コンテンツを作る量が圧倒的に少なかった。

でも、練習だと割り切って、もっとどんどんコンテンツを作るべきでした

それが結果的に一番成長します。

あとは単純に、学んだ知識をコンテンツに反映できていなかったり。泣

だけど人に教えるようになってから、

つまづくところって結構みんな一緒なんだなとわかるようになってきました。

そういう意味では、失敗することで学んだ部分は大きかったです。

 

失敗③ 自分の基準で限界を決めず、もっとチャレンジすべきだった

 

まわりのビジネス仲間は、
自分で教材を開発したり

企画を考えて飛び込みで新規顧客を
開拓したりしていました。

一方でわたしは、
自分はまだそんなステージじゃない」と

勝手に自分の挑戦を制限していました。

 

でも、お客さんのつまづくポイントが
見えるようになってきて

7ヶ月目に「本気で教材開発をしてみよう!」と決めて、

実際にやってみて感じたのは、

こういう挑戦は緊張感とプレッシャーもめっちゃあるけれど、得られる学びも桁違いに大きいということ。

実際、7ヶ月で一番成長を実感できました。

やってみたら意外と何とかなるし、
お客さんにも喜んでもらえたりします。

 

以前知り合いが言っていた印象的な言葉があるんですが。

 

「企業のコンサルをする実力があるから、コンサルできるんじゃない。

 企業のコンサルをするから、コンサルできる実力がつくんだ」

 

まさにその通りだな、と身をもって実感しました

だから、「自分には無理」って勝手に決めず、どんどん挑戦してみるべき。

 

総括

 

ここまでいろいろ書いてきましたが、

一番思うのは
「実際やってみて失敗から得る学びが一番血肉になる」ということ。

そもそも再起不能な失敗はありえないのが
ネットビジネスの良いところだし、

もっと怖がらずにどんどん挑戦してみるべきだったな。と思います。

 

反省点ばかり書いてきましたが、
嬉しかったこと、やってよかったことも
たくさんあります。

 

お客さんがわたしを信頼して
商品を買ってくれたこと。

わたしの発信をみて「挑戦してみよう」
と思ってくれたこと。

自分が学んできた知識を伝えて
喜んでもらえたこと。

メルマガを読んだ人が、
メッセージを下さったこと。

地方から東京まで懇親会にきて下さったこと。

缶詰になって一生懸命作った教材を
買って下さったこと。

そして、
まさに自分が知りたかったことです!
と喜んで下さったこと。

 

できない自分に凹むこともたくさんあったし、
泣きたくなるくらい嬉しいこともありました。

 

ほんの1年前までは、

会社の中でしか仕事したことがなくて

商品もお客さんも助けてくれる上司も
全部が用意されている環境にいて

会社から放り出されたら、私は何もできないに違いない

って自分の価値を感じられなかったけれど。

 

でも、必死で勉強して仕組みを作って

はじめて自分の力で
人に価値提供して
いただいた収益は

毎月淡々と給与口座に振り込まれていたお給料よりも、

何十倍も何百倍も嬉しかったです

 

ネットビジネスをはじめたお陰で、

私は「人生をよりよくしたい」
という思いを持って頑張っている人に
たくさん出会うことができました。

 

ビジネスを始める理由は人それぞれです。

「子供との時間を大切にしたい」

「経済的自立とやりがいのある仕事が欲しい」

「子供から憧れ尊敬される母親になりたい」

「今頑張って本気で人生変えたい」

「自分の知識・経験を誰かの役に立てたい」

「自分を変えるために行動していきたい」

「心から楽しいと思える人生にしたい」

「まだ人生諦めたくない」

 ・・・

いろんな方が、ご自身の想いを共有してくれました。

 

そういう人たちに私が心から伝えたいのは、

「ちゃんと勉強して一定期間頑張れば、自分の人生くらいなら、いつからでも変えられる。」

ということ。

こんなに不器用で、
要領悪くてどうしようもなかった私でも、

ビジネスで人生変えることができたんだから。

 

それを本当に伝えたいって思う。

 

ビジネスを始めてからの7ヶ月間は、
ものすごく密度が濃い時間でした。

まだまだ始まったばかりだし、これからはもっと失敗を恐れず加速していきたいです。

 

というわけで、

ネットビジネスを始めて7ヶ月経った今の率直な感想を書いてみました。

今頑張ってビジネスに取り組んでいる人や、
これから挑戦しようとしている人の
参考になれば嬉しいです。

 

よければこちらも読んでみてください。

年収5億円のビジネスの師匠に出会ってビジネスを始め、人生が180度変わった話。

わたしの起業初期の失敗談。ネットビジネスにたどりつくまで半年迷走した話。

 

「仕組み化」の全体像が学べる電子書籍を無料で公開中

 
私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 
 

1 個のコメント

  • 記事に何時間もかかり、WP設定や知識のインプット作業ばかりに時間を費やし、少しづつ気力を失い不安しか残らない状況に陥っていました。ゆいさんの記事を見て、最初に生じた苦戦に共感し、でも7か月でここまで成果を上げられたのにはものすごく努力したんだなと、自分の生ぬるさを思いしらされました。知識提供だけでなく、背中を押してくれる発信にいつも感謝しています。これからも応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です