どうしてお金は大事に使うのに、時間は簡単に無駄にしてしまうのか。

 

こんにちは、ゆいです。

 

お金を使う時は慎重になるのに、時間は簡単に無駄にしてしまう、ということはありませんか?

私はまさにそうでした。時間よりも、お金の使い方に圧倒的に気を遣っていました。

 

スーパーに行くと、ちょっと高いものを買うのに躊躇して値段の安いものを選んだり、少しでも安いツアーを探そうとしたり。お金を使うことについては結構慎重だったのに、時間だと簡単に無駄にしてしまう。

 

気がつくとネットサーフィンやSNSを何時間もしていたり、やる気が出なくて家でゴロゴロしているうちに1日が終わる、なんていうこともよくありました。「今日はやる気が出なかった。また明日から頑張ろう」というセリフを、何度言っていたかわかりません(笑)

 

で、時間が大事なことはわかっているのに、どうしてこうなるのかって考えてみたんです。

 

お金は大切にするのに、時間は簡単に無駄にしてしまう理由

 

一言でいうと、お金は目に見えるけど、時間は目に見えないからなのかな、と思いました。

お金は使った分だけ銀行残高が減っていくし、実際に支払いをするから、減っていくのが目に見える。お給料をもらったら、家賃が差し引かれて、光熱費が差し引かれて、食費でいくらかかって…というのが、数字としてはっきり見える。

でも、時間は、そうじゃない。3月の終わりになって、「あれ、まだ年明けたばっかだと思ったら、今年ももう1/4終わりなのか」ってはっとしたり、親戚の姪っ子が、「生まれたばっかりだと思ってたら、もう小学生なの?」って驚いたり。確実に人生の持ち時間は減っていくのに、目に見えないから、失っている実感がないんですよね。

でも、実は限りがあるのは時間のほう

お金は稼げば取り返せるけど、失った時間は取り戻せない

会社勤めをしていた時は、年収の上限が決まっていたので、余計にお金が減っていくことに対して敏感だったんです。限りがあるものだから、失敗しないように大切に使わなくちゃって思ってました。

でも、よく考えたらお金っていくらでも生み出すことが出来るんですよね。ネットビジネスを始めてから、余計に実感しました。

たとえ会社勤めをしていても、副業で収入を増やすことは出来ます。知識に投資して、自分の脳を鍛えて、行動をしていけば、お金っていうのは増やせるものなんですよね。

 

私たちが平等に持っているのは、「時間」という資産

平等に与えられた24時間をどう使うかで、結果は大きく変わる。

24時間を楽しむだけのことに使うことも出来れば、知識やスキルを身につけて自分の能力を磨くこともできる。その1日を、まわりの人に感謝を伝えて良い関係を築くために使うこともできれば、ただただ現状に不平不満を言いながら、何もしないで過ごすこともできる。

結局この積み重ねが、その人の人生の結果を左右するのだと思います。

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。(マハトマ・ガンジー)

 

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この目で見てきたことである。(ヘンリー・フォード)

 

普通の人々は時間をつぶすことに心を用い、才能ある人は時間を利用することに心を用いる(ショーペン・ハウエル)

 

こんな言葉もありますよね。

惰性で生きていると、時間って本当にあっという間になくなります。

先日、ある飲み会に参加しました。

そこで知人と話をしていた時のこと。当時、彼女は仕事と育児の両立がかなり大変で、でも仕事でのやりがいも成長している実感も持てなくて悩んでいた時、上司に正直な気持ちを伝えて相談したそうです。

「7年今の仕事を続けているけれど、これといったスキルがついたわけでもなければ、成長している実感もありません。このまま今の仕事を続けていても、何が出来るようになるわけでもないし、将来のことも考えると、このまま今の仕事を続けていて良いのか悩んでいます。」、と。

確かに、彼女の仕事は、広く浅く色んな対応をすることだったので、知識やスキルが身につかなくて不安、という気持ちはよくわかりました。

でも、衝撃だったのは、その後の上司の回答。

「何を言っているんだ。俺だって、もう50だけど、特に何ができるわけでもないよ。いや〜、人生考えるよなあ。

冗談かと思いましたが、本当の話だそうです。その場にいた参加者全員が、一瞬凍りつきました(笑)本人は叱咤激励のつもりで言ったのかもしれないけれど、この言葉を聞いた瞬間に、知人は「こうはなりたくなーーい!!!」強烈に思い、退職を決意したそうです(笑)

きっとこの上司の方も、「このままでいいのか」って悩みながら生きてきたんだと思うんですよね。仕事をしていると、毎日が押し流されるようにあっという間に過ぎていくので、ちゃんと自分で行動を起こさないと、簡単に流されてしまいます。

「このままでいいのか」って漠然と思っていても、行動を起こさないと、あっという間に人生終わってしまうんだな、と感じた瞬間でした

 

とはいえ。

分かっていても、なかなか行動できないのが人間なんですよね・・。

 

時間を無駄にしないための2つの習慣

時間を無駄にしないために、私が実践している2つの習慣をご紹介します。

① 朝起きた時に、毎日目標を声に出して言う

② 夜寝る前に、毎日今日出来たことを声に出して言ってみる

まず、部屋の中に自分が達成したい目標を貼っておいて、常に目に入るようにしています

で、朝起きたら、とりあえず今日の目標を確認して言葉に出す

年初に立てた今年の目標、今パッと言えますか?

すぐに言える人って、意外と多くないと思います。人間ってすぐに忘れてしまうんですよね。それが自分にとってすごく大事な目標だったとしても。

でも、そもそも目標を覚えていなければ、それを達成するための行動をする確率は激減するわけで、目標が達成できる確率も大幅に下がってしまいます。

なので、目標を常に忘れず、目標に向けた行動していくために、常に目に入るところに目標を貼っておいて、朝声に出して言ってみるのはとてもおすすめです。

 

次に、夜寝る前に、今日やったことを声に出して言ってみる、について。

これをやる効果は二つあって、まず、今日自分がやったことを客観的に把握できるので、「やばい、今日何もしてないじゃん!」ということに気付いて、危機感が持てるからです。

二つ目の効果は、アウトプット能力の向上です。今日1日で自分がやったことを思い出すことは、脳に負荷をかけるので、記憶力(正確にいうと、インプットしたことを検索してアウトプットする力)が飛躍的に高まります。

シンプルですが、バカにならない効果を発揮するので、ぜひ毎日の習慣として取り入れてみてください。

それでは。

 

—————

私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です