勉強の不安をなくして集中力がアップする。ポモドーロ勉強法。

こんにちは、ゆいです。

今日は、 どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 という、ポモドーロ・テクニックの開発者による初の公式本を読みました。

ポモドーロとは、イタリア語で「トマト」のこと。

ポモドーロ・テクニックは、もともとイタリア人の発案者が、効率的に勉強をするために、トマト型のキッチンタイマーを使ったことに由来します。

 

「25分作業して、5分休憩する」という時間分割法は、有名なので聞いたことがある人も多いかもしれないですね。

 

著者によれば、仕事や勉強の邪魔をする最大の要因は、私たちが作業中に心の中から湧き上がってくる、「不安や様々な思い」なんだとか。

 

「そういえば、5時までに郵便局に行かないといけないんだった」

「昨日のメール、そういえばまだ返信できてなかったな」

こんな風に、仕事中や勉強中に、今やるべきこととは関係のないことが色々思い浮かんでしまい、作業が中断したり、集中できないという経験がある人は多いのではないでしょうか。

 

心の声が湧き上がってくる原因は様々で、

今これが本当にやるべきことなんだろうか?

こんな調子で試験に間に合うのだろうか?

という不安や恐怖が、集中力を奪い、作業効率を落としていることもあります

 

「時間を上手く使えていないのではないか」、という不安を抱えたままで勉強や仕事をし続けても、作業効率は悪化する一方。

集中力を阻害する不安や雑念を、解決する必要があります

 

こんな時におすすめなのが、「ポモドーロ・テクニック」を用いた時間分割の考え方です。

 

私がビジネスの師匠に普段から良く言われている「事は細分化して考えろ。」という考え方が、まさにポモドーロ・テクニックと同じことだなあと。

 

「ポモドーロ・テクニック」の本質は、細分化ハードルを下げること

時間を区切って、やるべきタスクを明確化する

この時、最初から25分間集中し続けられなくてもいいから、10分、15分・・と少しずつ集中して取り組める時間を伸ばしていく。

いきなり3時間集中しようとするとハードルが高いけど、まずは最大25分頑張ってみる。

 

集中する時間と、頭を休める時間を意識的に作ることで、「意識して物事に集中する能力」と「何も考えない能力」の両方を鍛えることができます

 

私は25分間とは決めず、「とりあえず15分で本をここまで読む」とか、「とりあえず20分集中してブログを途中まで書く」といった感じに、ゆるくやっています。

 

大事なのは、時間を区切ってやるべきタスクを細分化し、ハードルを下げること

 

それによって、目の前のことに集中できるようになります

私は、これができる様になったことで、今は以前の様に不安に飲み込まれず、一つずつ目の前のことに取り組めるようになりました。

 

でも、以前は、勉強を始めると不安からなかなか集中できず、いつも自分との闘いだったんです。

 

試験は一週間後なのに、まだ半分も終わっていない。

やらないといけないのは分かっているんだけど、焦りで気が散って集中できない。

それどころか、こういう時に限って、部屋の片付けとか、関係ないことをやりたくなってしまうんですよね(笑)

 

(こんな状態じゃもう間に合わないかも・・。

 来週の試験はもう諦めて、また次の回に持ち越しにしようか・・)

 

(今ここやってて大丈夫なのかな?早く応用問題入った方がいいのかも・・)

 

会社員時代に、簿記や語学の勉強をしていた時も、試験日が近づくにつれて、どんどん気持ちの余裕はなくなっていき、時間がなくなる不安で全く集中できない。こういう時の結果は散々でした。

 

「これさえやれば大丈夫」というものがはっきりしている時はまだ良かったのですが、勉強法が色々ある場合は、そこから悩み始めてしまいます。

語学とかそうですね。

「今文法の勉強やってて大丈夫なのかな?長文読解やらないと間に合わないのでは?新聞も読むべき?」と悩み始めると、

勉強していても、「この勉強法でいいのか」という不安が湧き上がってきて、中断してしまうんですよね・・。

 

でも、「とりあえず25分はこれをやる」と決めることで、悩む余地がなくなります

25分だったら、それがベストの勉強方法かどうかはわからないけど、短い時間だから「とりあえずやろう」というノリで出来る。

この25分間を積み上げていくと、密度の濃い勉強時間が積み重なっていって、結果的に悩んでいる時間はほとんどなく、勉強や仕事が進められるようになります

 

 

とりあえず、次の25分でやること決める

25分間は集中してやる

休憩(立ち上がったり、飲み物飲んだりしてリフレッシュ)

また25分間集中してやる

休憩

(繰り返し)

 

結果的に密度の濃い50分になるし、継続していくと、積み上がります。

 

「とりあえずやる」っていうのが、最強ですね

 

不安になったり悩んでいる時間は何も生み出さないので、だったらやること決めてとりあえずやる、ということを繰り返していった方が、確実に前に進みます。

 

今まで、勉強や作業をしている時の雑念で散々悩んできたので、「迷わなくて良い」「不安にならない」ことの恩恵はものすごく大きいです。

 

「勉強や作業中に雑念が湧いてきてしまって集中できない」という人は、是非試してみてください。

 

—————

私は、大手商社を退職後、年収5億円の25歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを学びました。
 
現在は、フリーのマーケティング・コンサルタントとして活動中。
 
 
 
 
ブログに書けない話は無料メルマガで発信中。
 
年収5億円の起業家から学んだ、「個人がブログを収益化して資産を作る方法」や
 
企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。
 
 
 
無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を変える)をプレゼントしています
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です